CHECK

大切なマイホームを美しく長持ちさせる!外壁塗装のお役立ち情報をご紹介

大切なマイホームを美しく長持ちさせる、外壁塗装のお役立ち情報をご紹介です。
錆び防止を含む事で環境に悪影響があると問題になるので、環境に配慮した対策が必要です。
塗料は時間が経つと剥がれる性質があるので定期的にメンテナンスが必要ですが、水に多少溶けるので雨が降ると液体が農産物に影響を与えると食事をとる事は体内人問題があり、健康リスクを高める恐れがあるので、考えて利用する必要があります。
環境被害にならない為に対策が必要です。

大切なマイホームを美しく長持ちさせる!外壁塗装のお役立ち情報をご紹介

大切なマイホームを美しく長持ちさせる、外壁塗装のお役立ち情報をご紹介です。
錆び防止を含む事で環境に悪影響があると問題になるので、環境に配慮した対策が必要です。
塗料は時間が経つと剥がれる性質があるので定期的にメンテナンスが必要ですが、水に多少溶けるので雨が降ると液体が農産物に影響を与えると食事をとる事は体内人問題があり、健康リスクを高める恐れがあるので、考えて利用する必要があります。
環境被害にならない為に対策が必要です。
外壁塗装の説明です。

外壁塗装を定期的にするべき理由とは

特に外観に不満はないのに定期的に外壁塗装をする必要があるのかと思っている人もいるかも知れませんが、これには大きな理由があります。
外壁塗装は外観をよくするために行う目的の他に、外壁を保護する役割があります。
建物の外壁というのは、大事な基礎の部分のひとつですから、ここが劣化してしまう建物自体の寿命が短くなってしまいます。
常に外部からの影響を受け続ける場所だけに塗装もなくむき出しだとあっという間に劣化をするので、塗装をして保護していやる必要があるのです。
外壁塗装は見た目にそれほど傷んだ様子がなくても、一定の期間がたつと外壁を保護する働きが弱くなってしまいます。
そのため、定期的に塗り直しをする必要があったというわけです。
塗り直しをするにはまとまったお金が必要になるので、できれば避けたいと思うのも無理はありませんが、メンテナンスを怠った結果、余計に出費がかさんでしまうなんてことはないように、劣化の度合いを見て外壁塗装はしっかり行うことが大切です。

色々な種類がある外壁塗装の塗料の選び方

住宅の外壁塗装をやり直す際にはカラーデザインを選ぶだけでなく、よく考えて塗料の種類も選ばなければいけません。
アクリルやウレタンなどの種類によって性能も大きく違い、耐用年数にも差は出るのでコストと性能のバランスを考える必要があります。
ウレタンは塗る場所を選ばずに使いやすいのが特徴で、価格が低くて耐用年数は7年から10年程度です。
アクリルは耐用年数が5年から8年程度なのですが、低価格で発色が美しいところが評価されており、弾力があるものは壁の小さなヒビ割れを塞ぐ効果も期待できます。
シリコンは耐用年数も10年から13年程度と長いために、一昔前は外壁塗装ならシリコンを選ぶという人も珍しくありませんでしたが、現在ではラジカル制御型のハイブリッド塗料が主流となっています。
ハイブリッド型は耐用年数が12年から15年程度と長くて、費用対効果で優れているのが魅力です。
汚れに強いところが評価されており、砂ぼこりなどの汚れが目立つことを悩む家庭に適しています。

外壁塗装の寿命を知って家を守ろう

外壁塗装は家を守る大事な役割を持っているので、外壁塗装の寿命を知ることが家をいつまでもいい状態で保つために重要なことになります。
外壁塗装は使用される塗料によって耐久年数が異なりますが、7-15年程度で外壁を保護する働きがなくなります。
平均するとだいたい10年程度で塗り替えの時期がくると考えると良いでしょう。
単純に年数だけでなくそれ以外の部分でも劣化を示すサインがありますから、日頃から注意を向けることも大切です。
ヒビや剥がれがあった場合にはひと目見ただけで塗装が劣化しているのがわかりますから、このような症状があれば早めに塗り直しが必要になります。
また、見た目には問題がなくても手で触ってみて白い粉が付着するようであれば、これも寿命のサインなので覚えておくと役に立ちます。
外壁塗装を適切なタイミングで行うことにより、外壁が保護され家を良好な状態で維持できるので、定期的なメンテナンス点検は忘れず行いましょう。

外壁塗装をするなら利用したい自治体の助成金

家は建てた時から劣化が進むもので適切なタイミングでメンテナンスを行い、長く快適に暮らせる工夫が大切です。
劣化が進みやすい場所としては家の外壁部分が挙げられて、紫外線や風雨によって強い負担がかかりやすくサビやひび割れや剥がれなどの症状が出やすいです。
外壁塗装と一括にしても、塗装に使用される塗料や業者のサービスによって施工料金にもばらつきがあります。
しかしどのような施工を頼むにしても高額となりがちで、家の長持ちに効果があると知りながら塗装を適切なタイミングで行えないという人も多くいます。
外壁塗装の検討を行っていて少しでも安く施工を依頼したいと考えるなら、自治体の助成金を上手に活用する方法がおすすめです。
自治体によって助成金の制度はことなりますが、リフォーム工事に支援制度を設けている自治体は多くあります。
省エネやエコへの取り組みに関しては支援を行う自治体も増えてくるので、自分が住む地域の自治体でそのような制度があるのかインターネットの公式のWEBサイトなどで確認を行うか電話で相談をしてみることをおすすめします。

断熱性能を高めてくれる外壁塗装の効果

家の外壁部分は日々の強い紫外線や、激しい風雨にさらされて強い負担がかかり続けています。ヒビ割れやサビや剥がれなどの症状が出た場合は、早期のメンテナンスが必要で気になる症状がなくても家を建ててから約10年を目処にメンテナンスの検討をすることをおすすめします。
外壁塗装をせずにそのまま放置してしまうと、ヒビ割れやサビや剥がれの部分から雨水が入り込んで家の柱を腐らせる原因となります。家を守る為に外壁塗装は、適切なタイミングで行うことが肝心です。外壁塗装を行うことで得られるのが断熱性能で、断熱や遮熱効果のある塗料を使用することで外壁への負担を減らし家の中を快適にしてくれる効果があります。断熱効果があることは建物と外の温度差を少なくする為、家の中で使用する冷暖房の節約に繋がり電気代にも良い影響を与えてくれます。断熱効果がある塗料とは一口に言っても様々な種類があるので、塗装を検討中という人は専門業者に断熱性能を高めてくれる塗料について相談してはどうですか。

外壁塗装をする際の人気の色と選び方

外壁塗装の際には塗料のカラー選びを慎重にすることが大切です。
人気の色としては、落ち着いて見えてどんな家にも合うグレー系やベージュなどが挙げられます。一言にグレーと言えども、黒に近いか白に近いかによっても雰囲気が大きく変わります。明るく見せたいのであれば白っぽいグレーがおすすめです。黒っぽいグレーの場合は、モダンでシックな感じに完成するでしょう。
おしゃれでナチュラルな家にしたいのであれば、ホワイト系が人気があります。最近は汚れにくい塗料も出ており、白っぽい外壁でも汚れが目立たず安心です。白は膨張効果もあり、家全体が大きく見えるメリットもあります。
そのほかにも淡いピンクや水色、クリーム色なども明るくあたたかいテイストの外観になります。
外壁塗装のカラーは、自分の好みは勿論のこと屋根とのコントラストも考えて選ぶのがポイントです。また家の周りの環境にも似合う色を探しましょう。グリーンが多い自然の中にある家であれば、緑系にしてしまうと背景に外壁が同一化してしまいます。バックに映える色にすれば、周囲とのバランスも良く美しく見えます。

外壁塗装で建物の耐久性を高めるためには

新築の外壁は塗装もきれいにほどこされています。とはいえ塗料は毎日強い紫外線や雨風にさらされていることもあり、少しずつ劣化が進んでいきます。塗装表面も薄くなると、下地も見えるようになります。さらに劣化が進むとひび割れが発生することもあります。
ひびわれができると、そこから雨水が入り建物を腐食させることにつながります。それに湿気が含まれるとシロアリの発生も心配になってきます。
家の耐久性を落とさないためにも、外壁塗装は定期的にやり直すことが大切です。外壁塗装で使う塗料は防水効果もありますが、まずは下地の処理をしっかりとしておくことが大切です。
塗料にも多くの種類がありますので、防水性の高いものや耐候性に優れたシーリング材を使うこともおすすめです。
高い塗料を選ぶと、費用は高くなりますがそのかわり長期に良い状態を維持できます。
それから、業者ごとに技術力にも差がありますので質の高い施工をする業者を選ぶことも大切です。屋根の劣化も進んでいたら、一緒に塗装をやり直すことも考えてみてはいかがでしょうか。

費用を抑えて外壁塗装をするためのコツ

できるだけ外壁塗装の費用を抑えるためには、まず業者選びが重要です。大手のハウスメーカーは信頼性はあるものの、宣伝費や人件費がかかっているのでその分工費が高めです。それならば、街の工務店に頼むほうが安くできます。特に自社一貫制工務店なら、お抱え大工がいます。下請けを挟まないのでマージンが発生せず、リーズナブルに外壁塗装ができるでしょう。
また屋根やベランダなど高所の工事はないでしょうか。足場を組む必要があるほかの工事があるなら、同時に外壁塗装もするほうが安いです。なぜなら別々に工事をすると、足場代も2回かかってくるからです。
そのほかにも、使う塗料選びで費用を抑えることもできます。安くても品質の良い塗料があるので、業者に相談して選んでもらうのが堅実です。
ヒビや剥がれを放置し過ぎると、余計に施工が大掛かりになり工費が高くなります。気になる部分は早い段階で手をかけるのも、ローコストで工事するためのポイントと言えます。

外壁塗装の水性塗料の特徴と注意点とは

外壁塗装の時に使われる塗装は、油性塗料と水性塗料の二種類を選べます。どちらにもメリット・デメリットがりますが、環境問題を重視した時には水性の塗料を使って外壁塗装することがおすすめです。
水性塗料の特徴は、シンナーなどの溶剤を使わずに水が主成分でできているということが挙げられます。シンナー臭がしないため、体に害がなく環境に負担をかけることなく、近所に迷惑をかけることなく塗ることができます。強度にも問題がなく、強固な塗膜を作れます。油性塗料と遜色がないレベルの強さですので、安心して使えます。主成分が水ですので、保存が簡単というのもメリットです。1液性の塗料が多いことから非常に扱いやすく施工性が良いのも魅力な上、価格も安いため塗装工事をコストダウンしたい人に向いています。ただし、有機溶剤が含まれていないため塗膜の寿命が短く、外壁の素材によっては塗ることができないタイプもあります。
艶が落ちるのも早いなどのデメリットがあるため注意が必要です。

見た目でわかる外壁塗装をするべきタイミング

外壁塗装を行うタイミングは、外壁の状態を自分で見てチェックすることも可能です。
まず、クラックが入っていたら、すぐに外壁塗装を検討しましょう。
クラックは壁に入ったひび割れです。
クラックをそのままの状態にしておくと、そこから雨水が入り込み家の土台として大切な柱や梁などが傷んでしまう原因になってしまいます。
腐ったり白アリの被害にも合いやすくなるので、早めの対応が必要です。
クラックの他にチョーキング現象も挙げられます。
チョーキング現象とは外壁に、白っぽい粉のようなものが浮いている状態です。
チョーキング現象が起こっている外壁は、手で触ると白い粉がついてくるので分かりやすいです。
チョーキング現象は塗料がはがれている目安の1つとなります。
また、外壁にカビやコケが生えている状態も、外壁塗装を行うタイミングの1つです。
カビやコケが生えているということは、塗料の防水機能が落ちているということにつながります。
このような現象がある場合は、施工をお願いすることをおすすめします。

外壁塗装の工期を短く済ませるには

外壁塗装の工期を短く済ませるためには、スピードをセールスポイントにしている会社に依頼したり、できるだけ早く仕上げてもらえるように打ち合わせを重ねる事も重要ですが、外壁塗装工事をする時期も重要になってきます。
雨が多い時期などは、作業が止まってしまうこともありますし、日照時間が短かったり曇った日の多い時期だと、塗料が乾きにくく作業に時間がかかってしまうこともあります。
工期が長くなると、家にいても落ち着きませんし、何かあった時のために誰かが在宅している必要があるため、様々な面で不都合が出てきます。
また、工事音などでご近所の方に迷惑をかけてしまう場合もあるでしょう。
そう言った問題が出てこないように、できるだけ早く外壁塗装工事を終わらせるためには、工事会社を選ぶ前から気候や状況などを考えて、最適な時期を選ぶことが重要です。
その上で、しっかりと決められた期間内に外壁塗装を完了してくれる会社を選ぶようにしましょう。

仕上がりの良い外壁塗装におすすめのシーズン

外壁塗装には仕上がりの良さを考えればおすすめのシーズンというのが明らかに存在します。
外壁塗装の内容にもよりますが、一般的には気温が15度から30度の範囲内で、湿度が75%以下の状況が塗装に適しており、さらに天候は晴れか曇りが適切です。
少なくとも、雨や雪の日とか、台風など強風が吹く日は作業できません。
このことを考えれば、平均的な地域では春か秋で、梅雨のシーズンを除く時期が適切ということになるでしょう。
夏は30度を超える地域が少なくありませんし、逆に冬は15度を下回ることも多いはずで、あまり適当ではありません。
雨の多い時期は、その分だけ作業が遅延する可能性も高いですし、品質の上でも決して良いことではありません。
雨や雪などの天候とは異なって、上に挙げた気温や湿度に関しては、この範囲を外れると一切作業できないというわけではありませんが、良い塗装結果を得るためにはできれば範囲内に含まれていることが望まれます。

外壁塗装は気温が5度以下だとできない

外壁塗装は気温が5度以下だとできませんので、実施の際には気候や天候のことも十分に考えておく必要があります。
北日本など寒冷地では、冬場は日中であっても5度に達しない日が毎日のように続く地域も珍しくないでしょう。
そのような地域では、冬場は数か月にわたって外壁塗装はできないということになります。
これは、塗料が乾燥し硬化するには温度が重要な要素であり、あまりにも低温だといつまでも生のままというか、乾燥や硬化が起こらなかったり、たとえ起こったとしても非常に遅くなってしまって適切な作業品質が保証できなくなってしまうためです。
一般的に言えば連日のように寒さが予想される時期はそもそも受注が控えられますし、たまたまその日だけはという場合には、前日の天気予報によって判断され、作業中止の場合はそれが伝えられることになります。
ちなみに影響を与えるのは気温だけではなく、雨や雪の場合も不可能ですし、当然ながら台風などでも中止です。

気温が高い時期におこなう外壁塗装の注意点

外壁塗装は家全体を守る為のメンテナンスで、新築の状態で塗装した時から8年から12年程度で新たな塗装が必要とされています。
塗料の種類によっても変わりますが10年前後が塗料の耐用年数とされていて、一見サビやひび割れや剥がれなどの症状が見えなくても一度専門業者による診断を受けておくことをおすすめします。
外壁塗装を行う場合適した時期としては、湿度が低く乾きやすい春と秋が向いていると言われています。
塗装自体が出来ない条件としては湿度が85%以上ある場合や、気温が5度以下だと多くの塗料メーカーが規定として定めています。
気温が高い夏場の塗装は塗料が早く乾燥して作業や、仕上がりに影響を与える場合がある為注意が必要です。
日照時間が長く乾燥という点においては夏場は向いていると感じますが、気温が高いと湿度も高くなりがちな日本では塗料の希釈率を変更するなどの注意が必要です。
向いている春や秋に塗装の施工を依頼する場合も、夏や冬に依頼を行う場合にも通じて言えることは信頼出来る業者選びが重要なポイントです。
温度や湿度の変化に細かく対応してくれる専門業者を見つけて、相談しながら施工を依頼出来る環境を整えることが大切です。

外壁塗装に関する情報サイト
マイホームを正しく管理しよう

大切なマイホームを美しく長持ちさせる、外壁塗装のお役立ち情報をご紹介です。錆び防止を含む事で環境に悪影響があると問題になるので、環境に配慮した対策が必要です。塗料は時間が経つと剥がれる性質があるので定期的にメンテナンスが必要ですが、水に多少溶けるので雨が降ると液体が農産物に影響を与えると食事をとる事は体内人問題があり、健康リスクを高める恐れがあるので、考えて利用する必要があります。環境被害にならない為に対策が必要です。

Search